暮らし最適化計画。

心地よい=最適化

時間の使い方を見直す!テレビとの付き合い方を改める。

 続けることと辞めること

「働くことをやめる(一時的に)」と決めたときは、続けていくことよりもたくさんの勇気も覚悟も必要だった。そう思うと、続けていくことなんてもしかしたら簡単なことなのかもしれない。ずっと続けていたことを辞める決断の方が、小さなことを続けていく努力よりも簡単。そう思えたら、自分が今取り組んでいることがなんて些細なことなんだろうとちょっと笑えてくる。

good-lifeplan.hatenablog.com

時間の使い方を見直して、もっとやりたいことは?

生活の中に増やしたい時間、やりたいことをリストアップしてみると

【インプットの時間】

  • 本を読む時間
  • 映画を観る時間
  • 趣味の勉強をする時間

【アウトプットの時間】

  • ブログを書く時間
  • 焼き菓子を作る時間
  • 家事の時間(家の中を整える時間)
  • マイノートを書く時間

そう!わたしがやりたいことは、そんなに大それたことではなくて自分次第でどうにでもなることばかりなのだ!結局のところ「やりたいことができない」「時間がない」と騒ぎ立てているのは、一人相撲でしかなかった(恥)

本当に自分の邪魔をしているのは自分だと痛感するしかない。 この曖昧なざっくりとした自分の希望くらい叶えてあげなきゃ!

悪しき習慣を手放す!減らしたい時間をリストアップ

やっぱり減らしたい時間の代表は

  • TVをだらだら観る時間
  • 無駄なスマホいじり
  • 非効率な家事の改善

 一人でいる時間が長いとついテレビやスマホに逃げてしまいがち。時間泥棒の代表ですよね。夜の番組は観たいものを観たいときに観られるように録画するようにしているけど、日中の番組で絶対に観たいものなんてそもそもない。

自分には全然関係ないスキャンダルやわざとらしいグルメレポをわざわざ観なくてもいいし、そこで得た情報を活かす場面てやってこないんじゃないかと思う。余計な情報に自分を晒すことで、肝心な情報を取り逃しているかもしれない。

自分に必要な情報は、本の中や映画の中、偶然立ち寄った本屋さんや町中にあるような気がする。きっとつけっぱなしのテレビの中じゃない。

そう思えたらテレビを観ることに興味が薄くなってきた。観るなら夫が帰ってきてから一緒に「観たかった番組」を観ればいい。

一日の充実度を上げるためにできることを探していこう!