暮らし最適化計画。

心地よい=最適化

【妊活記録1】妊活を始めるまでに5年かかりました

約2年間の妊活の末、35歳で初めて妊娠することができました。不妊治療中、不妊治療をやめてからの自然妊娠するまでの記録を綴っています。あの頃の自分自身に向けて、今現在妊活、不妊治療をされている方に僅かでも気休めに、少しでも何かのヒントになれればと思います。

初めてお越しいただいた方はまず、下記の【はじめに】を御覧ください。

good-lifeplan.hatenablog.com

f:id:good-lifeplan:20171026140342j:plain

2年間は二人暮らしからスタート

わたしたち夫婦は2011年に結婚しました。当時、わたし28歳・夫36歳。付き合いだして4年目のこと。
 
夫の年齢からして子どもを持つことを考えているのなら「できれば早く!」となりそうなものの、わたしたち夫婦は「子どもを持つ」ということにあまりピンと来ず、2年くらいは二人で暮らしてからにしようということになりました(その間はしっかりと避妊してました)
 
何故かと言うと、わたしも夫も赤ちゃんや小さい子どもに馴染みがなくどちらかと言うと苦手意識があったこと。お互いひとり暮らしが長かったこともあり、二人での生活にも慣れない内に子どもなんてありえない!という今思えば、へなちょこメンタル!!
 
わたしも「まぁ30歳で産めばいいか」と避妊をやめたらすぐにできるものだと、安易な考えでのほほんとしていたし「不妊」なんて他人事だと高をくくっていたのです。もちろん夫も同じで「すぐにできるもの」と決め込んでいたと思います。

貴重な3年間

しかし、結婚3年目に入ること夫から「某難関資格に挑戦したい。4科目クリアしなくちゃいけなくて2年くらいはかかるかもしれない」と言われました。20代の頃に別の難関資格に挑戦していたことを聞いたことがあり、その時は挫折してしまったそうだけど再度40歳になるまでに再チャレンジして取得したいのだと。半年くらい受けようか迷っていたので「ついにやる気になったか!」と応援することにしました。
 
逆に止める理由もなかった。夫の「やると決めたら超ストイック」な性格を知っていたので、まぁ受かるだろうとここでも安易な考えでいました(のんきなだけ?)
 
その後、各科目を受かったり落ちたりしながら3年がかりですべてコンプリートして無事に合格!
 
今振り返れば、あの3年の重みというか、もう少し早く妊活を始めていればこんなに苦労せずに妊娠できていたかもしれません。30代に入ってからの時間の過ぎ方、体の変化は自分が思うよりもとても早い。
 
とは言え、「ああすれば良かった」「こうすれば良かった」という選ばなかった過去の可能性、選択は一見正解のように思えるけど、何が良かったかなんてわからないこと。「ああしてたらこうなった」と言い切れる根拠は何もないですもんね。

妊活する気持ちが整った

この3年の間、夫は朝早く会社に行き始業時間まで勉強、会社帰りに自習室で勉強、休日も返上して勉強と尋常ではない努力をしていたし、その間わたしは習い事をしたりやりたいことができた。気分転換に旅行に行ったり(旅行先でも勉強してたけど)、ずっと行きたいと思ってた海外にも行けた。おまけに資格を取ったことが評価されて昇進・昇給というおまけまで付いてきた。
 
きっとお互いにやりたいことをやれた3年間だったからこそ、合格してから妊活に意欲的になれたように思います。子どもを持つことに前向きになれたことは、けっこう自分の中では大きな変化でした。
 
子どもをつくる、産むに適した体の年齢というものは若ければ若いほどいいかもしれないけど、環境や産み育てる気持ちを整える時間がわたしたちには必要だった。自分勝手に思えなくもないけど、周りの期待やプレッシャーに流されるままつくっていたら何か夫婦のバランスというか子どものために何かを諦めたという見えないストレスを持っていたかもしれない(特に夫は)

今だからできること

世間一般的な「結婚したら次は子ども」というレールはちょっと横に置いておいて、夫婦で相談しながらお互いのライフプランを満たしあえればいいのではと思います。老後に夫婦で旅行するのも素敵だけど、若いうちに夫婦で旅行するのもいいものです。体力がないと行けないところもあるし、できないこともあるので(笑)
 
この3年間は妊活を意識していなかったけど、子どもがいないうちにできること行けるところはどこだ?と思っていたようにも思います。
 
妊活をしていると「子どもがいないこと」に目を向けがちになって気分も暗く、元気もなくなるけど逆に「子どもがいないからこそできることは何か?」という視点も持ち合わせていられたら、今だからできることの可能性は増えます!例えば、カウンター席しかない美味しいラーメン屋に行くとか、チャイルドシートが乗せられない2シートのスポーツカーをレンタルしてドライブするとか。
 
子どもが欲しい気持ちが先行してしまうと妊娠につながらないことは全部無駄だ!ぐらいに思えることもあるけど、せっかく夫婦二人で居られる時間。仲良く過ごしたいですよね。まずは夫婦仲良くいられる努力が妊活の基礎になるようにも思います。