暮らし最適化計画。

心地よい=最適化

【出産準備】入院グッズの確認。病院が用意してくれているものはリストから外す。

【お知らせ】

 現在妊娠8ヶ月!約2年の妊活記録を下記にまとめています

目次

 

入院に備えて準備しておく

f:id:good-lifeplan:20180219130823j:plain

 

先日、里帰り出産する病院に検診と助産師さんとの面談を受けに行ってきました。ネットや雑誌、各方面からいただく「出産準備リスト」の中の入院に必要なものは一通り把握しているものの、自分で用意していたけど病院の「入院セット」なるものに同じアイテムが含まれていることも少ないないようです。

 

多いのは産じゅくショーツ、産じゅくパット、骨盤ベルト、赤ちゃん用の衣類、おむつなど。用意していたけど病院でももらってしまいフリマアプリで売りに出されているものも多数見受けます。

 

手厚い準備をしてくれる病院もあれば、すべて自分でというところもあるようなので買い揃える前に出産する病院に確認しておくのが良さそうです。

 

赤ちゃん用のおむつは一週間の猶予がある!

 

わたしがお世話になる病院は産じゅくパットと産じゅくショーツ1枚が用意されているそうで、ショーツは自分であと2枚用意があれば充分と言われました。緊急帝王切開になった場合は不要になるし、結局合計3枚も使わないかもしれないけど、どうなるかはわからないので用意しておいたほうが良さそうです。

 

入院中の赤ちゃんの衣類とおむつは病院にあるそうなので、これも不要。

 

新生児用のおむつは最初からそんなに用意しておかなくてもいいかもしれません。産まれてくる体重によってはサイズが合わない場合もあるし(大きく産まれたらいきなりSサイズかもしれないし、もし早産になったら低体重用の新生児用よりも小さいサイズが必要かもしれない)一週間は入院になるので、入院中に退院後のおむつを用意しておくでも良さそうです。

 

あまりガチガチに考えずに柔軟に揃える

 

産後1週間は入院生活が確定しているので、できるだけ快適に過ごしたいもの。そしてその1週間はとにかく体を休ませる期間。

 

赤ちゃんは病院内の安全な場所で管理してもらっている安心できる状況なので、その間にできるだけ体を回復させておきたい!

 

どんな出産になるか、出産後の体力や気力はどうかなんてまったく想像できないけど、自分を労る期間だと決めて過ごしたい!入院中に飲みたいお茶やおやつも考えるようにしています。体が回復しやすかったり、母乳の出にいい食材を積極的に摂っておきたい!

 

一人部屋じゃない場合はアイマスクやテレビを見るときのヘッドホンも持っておきたい。むくみ対策に加圧タイツやマッサージローラーもあってもいいかも。飲み物用のタンブラーも必須だし、携帯の充電器類も忘れずに!

 

病院が提示してくれたリスト意外にも「自分にとっての必需品」を考えていリストに追加していく作業もドキドキワクワクですね。