暮らし最適化計画。

心地よい=最適化

【家事】わが家の洗濯事情。赤ちゃんの洗濯物も一緒に洗ってます。

【お知らせ】

 約2年の妊活記録を下記にまとめています

目次

 

赤ちゃんとの生活ははじめてのことだらけ

妊娠中に某評価雑誌のベビー用品特集を読んで、洗濯洗剤やベビーカー、肌着などを比較検討しました。

 

ベビー用品を買うなんてことは初めてのことなので、どれがいいのか?何が違うのか?本当にゼロからのスタートでした。雑誌も参考にしましたが、経験者の妹の意見も参考にしました。



 洗濯問題!大人も子供も一緒に!

 

娘が産まれてから2ヶ月間は実家でお世話になっていたので、洗濯は母任せでした。うちの父はちょっとでも汗をかくとすぐに着替える人なので、服だけでもそこそこの量があり、タオルは別に洗っているとのことだったのでベビー服もタオルと一緒に洗ってもらっていました(arauと柔軟剤を使ってくれていた)

 

自宅に帰ってからどうしようかと思いましたが、調べてみると

  • 赤ちゃん用の洗剤でなくても、蛍光剤や漂白剤が入っていないものであれば一緒に洗っても大丈夫。
  • すすぎ1回で可能な場合でも、洗剤残りを防ぐためすすぎ2回にする。
  • 大人の衣類の臭いや汚れよりも洗濯槽をこまめに掃除する方が清潔。

 

という記事を見つけました(出典元忘れました)

 

うちの夫は100%内勤のため夏場でも大して汗をかかないので、そんなに臭いや汚れを気にするほどでもなく、毎日洗濯するなら大人と子どものものを分けるほど多くもない。

 

試しに一緒に洗ってみて、肌にトラブルが出てきたらまた考えることにしました。

 

アタック・レノア・ワイドハイターを愛用中

 

f:id:good-lifeplan:20180731144104j:plain

 

アタックNeo(洗濯洗剤)

アタックは娘が産まれる前から使っていた銘柄。特にこだわりがないので、どこでも買えてクセのない使用感。買い換える理由もないため引き続き使っています。

 

里帰り中、たまたま洗剤コーナーで店員さん(薬剤師の方っぽかった)とお話する機会があり「花王の製品は昔から肌の弱い人にも安心して使えるものが多いですよ」とお聞きしました。アタックNeoも蛍光剤、漂白剤が使われていないです。

 

この製品はすすぎ1回可能ですが、娘ちゃんの服とタオルがある場合はすすぎ2回にして使っています。肌荒れ等もせず問題なく使えています。大人用のベットシーツやキッチンマットなどはすすぎ1回で使い分けてます。

 

レノア(柔軟剤)

柔軟剤は娘が産まれるまでは一切使っていなかったのですが、実家の母が少しだけ使ってくれていて、やっぱり使うと肌触りが柔らかく使うことにしました。

 

とはいえ、わたしも夫も柔軟剤の香りが得意ではないため使う量はパッケージに書かれてある分量の半分程度。タオルはふかふかとまではいかないけど、洗剤だけよりかは柔らかく仕上がり香りもほのか。

 

タオルが固くならない程度に使っています。香りがきつく残るのも赤ちゃんには良くないかなと思うので「分量の半分」がうちの適量として愛用してます。

 

ワイドハイターEX(漂白剤)

これも娘が産まれてから買いました!それまで漂白剤は台所用ふきんの漂白と洗濯槽の掃除用に「シャボン玉石けん 酸素系漂白剤」を使っていましたが、たまに起こるうんち漏れ用に買い足し。

 

シャボン玉石けんのは粉末状なので、ワイドハイターの方が洗濯洗剤と併用しやすくベッドシーツやタオルケットを洗うときにも使うようになりました。一本あると便利ですね(^^)

 

特別なものはいらなかった

 

赤ちゃん用洗剤やより肌に優しい処方の洗剤も多く売られていますが、価格が高かったり容量が大きかったりします。だけど、すすぎ2回にするだけで今までと同じ洗剤が問題なく使える!これってちょっと嬉しいことです。

 

柔軟剤もちょっと使うだけでもタオルの使用感が気持ちよくなるのは新しい発見だった。

 

ベビー専用のものってたくさんあるけど、まずはあるものを使ってみる!でちょっとした無駄やコストが抑えられるような気がします。

 

 

good-lifeplan.hatenablog.com