暮らし最適化計画。

心地よい=最適化

【鑑賞レビュー】ジブリの立体建造物展。映画の世界を建築の切り口から観る新鮮さ!

【お知らせ】

 現在妊娠7ヶ月!約2年の妊活記録を下記にまとめています

目次

 

ジブリの立体建造物展@あべのハルカス美術館

 

f:id:good-lifeplan:20180122171750j:plain

 

ジブリ映画は幼いころから何度も観ているし、今だってテレビでやっていたらつい観てしまう。何歳になっても色褪せず、見るたびに新しい視点や感じ方があって普遍的な作品ばかり!

 

そんなジブリの世界を映画に出てくる「建造物」にスポットを当てて作品の世界を紐解いていく展示が大阪・阿倍野の「あべのハルカス美術館」で開催されています(2018年2月5日(月)まで)

 

平日のお昼前という時間にも関わらず、当日券売り場はすでに行列ができていて、老若男女問わず外国の方の姿も見られるくらいの大盛況ぶりでした!ジブリ映画の人気の高さが伺えます。

 

 

ストーリーやキャラクター意外の魅力を再確認

 

ジブリの世界観は魅力的なキャラクターだけじゃなく、舞台となっている環境や建物、時代背景も無意識に働きかけてわたしたちの心を魅了していたんだ!もう一度、全部の作品を見返してストーリーやキャラクター意外の部分を味わいたいと思いました。

 

ストーリーやキャラクターの背景にある土地や暮らし、時代や様式。それぞれのキャラクターや今までの生き方に細やかな設定があるなんて!舞台となる施設や暮らす家の間取り、作られた時代背景や建築様式は忠実に反映されている点はアニメーションの中にリアルさを感じられるほど。

 

ジブリ映画のどこかに「懐かしさ」を感じられるのは、自然だったり知らず知らずのうちに見慣れてしまって無意識になっているものがあるからなのかもしれません。ファンタジーの中にも、わたしたちの日常的な生活感が感じられて違和感なく世界に入っていける。そんな仕掛けがあったなんて、全然わからなかった。

 

 興味の向いたところに新しい発見がある!

 

最寄り駅構内にポスターが貼ってあって「観たい!」と思っていた「ジブリの立体建造物展」に駆け込み気味に行ってきました。美術館の会期や映画の公開って意外とあっという間に終わってしまう・・・。

 

たまたま阿倍野の経由することがあり時間にも余裕があったから観ることができたけど、もしかしたら「観たい!」と思ったまま終わっていたかもしれない(きっと面倒が勝って行ってなかったはず)

 

自分の「観たい」「行きたい」「聴きたい」という欲求には自分が叶えてあげないと、なかなか実現しないものなんですよね。映画でも「映画館で観たい映画」というのがあるし。そのちょっとした時間とお金の使い方で、非日常やその場に行かないと知り得なかった情報や新しい気づきを得れるってとても豊かなことだと改めて思いました。

 

映画を建築物の切り口で観るなんて、今までわたしの中にはなかった視点だからこれから映画の見方がますます面白くなるなぁ!と思うと楽しみで仕方ない。これは今回行かなかったら気付けなかったこと。興味が湧いたものには、素直に行動に移してみると新しい何かを得られるんですね。

 

 

【#マンホールの蓋】旅行の楽しみにご当地マンホールを撮る!

【お知らせ】

 現在妊娠7ヶ月!約2年の妊活記録を下記にまとめています

目次

 

「ご当地○○」は旅の醍醐味

 

夫婦揃って旅行が大好きなので、国内は年に3回、海外には1年に1回行けたらいいなぁという品度で旅行に行っています。近場の名所にもぶらりと日帰りででかけたりを含めたらプチ旅行も楽しんでいます。

 

旅の楽しみといえば食べものですよね!わたしはパンが大好きなので、その土地のパン屋をはしごしたり、スーパーに売っている「ご当地パン」を買ったりして楽しんでます。

 

専門の本が出ていたり「ご当地パン」はアツいです!

 

探すのも楽しい「#マンホールの蓋」

 

インスタにこんなハッシュタグがあるのご存知ですか?

  •  #マンホールの蓋
  • #マンホール部
  • #マンホールgo
  • #マンホールの蓋が好き

マンホールの蓋をインスタにあげている人がたくさんいるんです!わたしもその中のひとりですw

 

ゲーム感覚で面白い、旅の楽しみ

 

これは「ポケモンGO」のようなその場に行かないと何に出会えるか、何を見つけられるかわからないというのがゲーム感覚で面白いんです。「#マンホールgo」というハッシュタグもそこから真似て作られたものです。

 

f:id:good-lifeplan:20180121231951j:plain

 

これらわたしが集めたマンホールの蓋の一部です。それぞれの都市の特徴が出ていて面白い!旅先でついつい下を向いて歩いてしましいます。そして珍しい柄やご当地感が強いデザインのものに出会えたらすごーーーく嬉しくなる!

 

同時に自分が住んでる市のマンホールにも愛着が湧くのも不思議な感覚。見慣れたマンホールでもピンポイントでレアなデザインのものがあったり、自分の街でも意外と楽しめる要素があります。

 

旅先でマンホール、ちょっと意識してみたら面白いですよ(>ω<)

 

 

 

 

 

【願望実現】 憧れの人を眺める、イメージする、真似する!

【お知らせ】

 現在妊娠7ヶ月!約2年の妊活記録を下記にまとめています

目次

 

「ママ」というライフスタイルとは

 

ここ数年でママタレント、ママモデル、ママ読者モデルと呼ばれる人がたくさん登場して、「ママ」としてのライフスタイルやファッションが盛んに取り上げられていますね。それだけ興味や需要があるということ(だけど、それがプレッシャーに感じることがあるのも確か。特に妊活中は)

 

テレビ、雑誌、ネット。何を観ても「ママ」という切り口でたくさんの情報が溢れています。そのイメージ通りに振り回されないためにも、自分の中で「理想のママ像」を持っているいたいなと思います。

 

 理想は元mcsisterモデルのふたり!

 

中学生の頃「mcsister」を愛読していました!今でもあのシンプルベーシックなファッションが好きで、好きなものは何年たっても変わらないですね。その大好きな雑誌でモデルをされていて、今でも現役で活躍している「はまじ」こと浜島直子さんと田丸麻紀さん!現在、お二人とも男の子のママでもあります!

 

f:id:good-lifeplan:20180119154038j:plain

 

雑誌LEEのはまじ特集のファイリングと田丸さんのスタイルブック!すべてを真似できる訳ではもちろんないけど、イメージづくりやヒントに毎日パラパラと眺めてます。

 

出産や子育ては未知の領域で友人たちの「とにかく大変!」という言葉が先行して刷り込まれそう。そんな大変なイメージに洗脳されないように、ちょっとでも楽しいイメージも持っていたい!

 

もちろん紙面上は出せない苦労や苦悩があるのもわかってる。それでも紙面で笑う彼女たちに10代の頃と変わらない憧れやトキメキを感じてしまう気持ちも確か!そういうちょっと上を見上げるような気持ちは忘れずにいたいし、理想像があることはどこかで何かの支えになる気がする。

 

 元気できれいでおしゃれ!

 

ライフステージが変わるタイミング、子どもの成長とともにライフスタイルもどんどん変化していくこれからの数年。ちょっと先行く憧れ人たちの姿は、心強くもあります。

 

母になっても元気できれいでおしゃれでいたいという本音中の本音!そんなイメージを持つのにとっても参考させてもらってます。

 

 

 

 

 

 

【パン】絶品!メロンデメロンのメロンパン。妊娠中に無性に食べたくなってるもの。

【お知らせ】

 現在妊娠7ヶ月!約2年の妊活記録を下記にまとめています

目次

 

妊婦あるあるの「食の好みの変化」は本当?

 

妊活や妊娠にまつわる都市伝説、ジンクスっぽいものもたくさんあるけど妊娠すると無性に食べたくなるものや、妊娠する前とは食の好みが変わるという話はよく聞きます。

 

人にもよるのはもちろんだけど、友人たちから聞いた「あるある食材」はいちご、りんご、トマト、ヨーグルト、マクドナルドのポテト、ポテトチップでした。特につわり期は食べられるものが限れらたりするから、体が自然と欲する食べ物なんですかね?

 

わたしはつわりの時期はポテトチップが無性に食べたくて週3回くらいひとりで一袋食べていたことがあります。りんごは無性にというか便秘対策に毎朝食べるようにしていました。一番よく聞くマクドのポテトはあまり食べたくならなかったです。

 

ポテトチップのほかは塩むすびが食べたくて、よく作ってました。今思えば、塩気のあるものが欲しかったんでしょうね。

 

妊娠7ヶ月に入った今、無性に食べたくなるメロンパン!

 

現在妊娠7ヶ月に入りましたが、先週あたりから無性に「メロンパンが食べたい!」という思いがこみ上げてきています。今まであまりメロンパンに興味がなく、甘い系よりもハード系の塩っぽいパンが好きだったから自分でもちょっと驚いています。

 

これが好みの変化ってやつなのか!?と妊娠の醍醐味みたいな変な感動に似た思いがありました(笑)なんでメロンパンなのかな謎で、お腹の中の子が好きなのかな?とか、ついあてのない答えを探してしまいます。(いつか胎内記憶を話すようになったら聞いてみたい)

 

毎日のようにメロンパンを食べ比べ

メロンパンを欲するようになり1週間ほど。ほぼ毎日のように一日ひとつ食べています。正直、カロリーや体重増が気になるんだけど湧いてくる「メロンパン衝動」には素直に従った方がいい気がしておやつに食べています。

 

明日には気が変わるかもしれないから買い置きはせずに「今日は何食べたい?」と自問して湧き上がってくるものに従うように。もしかしたら明日はカレーパンかもしれないし、あんまんかもしれないから。

 

毎日食べてて飽きないの?と自分でも思うけど、飽きないし今日もまた食べたいなと思うんだから仕方ない。(ただし、中にクリームとか入っていない昔ながらのメロンパン限定)

 

メロンデメロンのシナモンメロンパンは絶品だった!

 

f:id:good-lifeplan:20180119144517j:plain

 

7ヶ月検診の日、病院の近くにあるメロンパン専門店に寄りました!ここのメロンパンはクッキー生地が厚めでザクザクな食感が特徴!1個190円とちょっとお高めだけど、食べたときの満足感は半端ない!

 

プレーンは前に食べたことがあったけど、今日はシナモンがあったのでシナモンメロンパンにしました!シナモン大好き!!

 

帰ってさっそく食べてみると、今まで食べたメロンパンの中で一番おいしかった!!!!

 

シナモンがほどよく効いていて、メロンパンの甘さを控えめに感じさせてくる!甘すぎず、ほんのりスパイシーで大人のメロンパンという感じ!これはおいしいーーーーー!!!!

 

メロンパンにシナモンってちょっと冒険だなと思ったのに、こんなに相性がいいなんて!他のフレーバーも食べて観たいぞ!これは食の好みの変化関係なく、ただのパン好きの好奇心がそそられてきた!

 

全国展開しているパン屋さん「メロンデメロン」

 

この絶品メロンパン、全国展開しているチェーン店だったんですね。ブログを書くのに調べて初めて知りました!

 

macaro-ni.jp

 

メロンパンを手土産にってなかなかありえないけど、ここのメロンパンならありです!包装もおしゃれだし、みんなが知ってるメロンパンの期待を超えてくるからちょっとした驚きもあります。子どもも好きだしね、気の置けない友達へのお持たせならありありです!

 

そして個人的にここのメロンパンは「妊娠中の思い出の味」になるんだろうな〜と今から確信を持っていて、しっかり噛み締めて味わおうと思ってます。

 

 

【時短】フライパンひとつで簡単パスタランチ。でもしっかりおいしい!

【お知らせ】

 現在妊娠7ヶ月!約2年の妊活記録を下記にまとめています

目次

 

平日のお昼はひとりランチ

 

去年からほぼ初めての専業主婦生活をしています。働いているときはお弁当を持参したり、作れなかった日はコンビニで買ったりしていたランチですが家にいるとなると「何食べよう?」とちょっと考えますね。

 

自分のために作るとなると冷蔵庫にあるもので適当に作ったり、買い物ついでにちょっとしたものを買ったり、とにかく手軽に簡単に作って食べられるものになります。ワンプレートで済ましたいときは親子丼とかのっける系で済まします。週に一回は近所のカフェにコーヒーを飲みに行って、そこでサンドイッチをなんて息抜きもしたり(^^)

 

フライパンひとつで簡単パスタ

 

簡単そうで意外と面倒なのがパスタですよね。大きめのお鍋にお湯をたっぷり沸かして茹でて湯切りして、フライパンで具を用意してとか。一品作るのに道具もたくさん使いがち(そう、洗い物が増えて面倒なの)

 

なのですが、フライパンひとつでパスタが作れるんです!この方法を知ってから、ぐっとパスタを作るハードルが低くなりました。

 

cookpad.com

 

作り方はとっても簡単!

 

レシピは色々ありますが、基本的な作り方は

 

  1. フライパンでお湯を沸かす
  2. ①に半分に折ったパスタを入れて時間通りに茹でる
  3. 塩を振りパスタがフライパンにくっつかないように混ぜる(水分が蒸発してくるので)
  4. パスタをお皿に取り出しておく(水分が残っていたら切る)

 

あとは好きな具材で仕上げるだけ!具材にもよりますが、パスタと一緒に茹でることもできます。炒める場合、一度パスタを取り出しておくお皿も食べるときに使うものでいいので、洗い物も減らせます。

 

イカと水菜のたらこソースパスタでランチ

 

f:id:good-lifeplan:20180118102223j:plain

 

ある日のランチに作った「イカと水菜のたらこソースパスタ」。常備している冷凍イカはパスタを茹でている終盤に入れて一緒に茹でました。イカの風味のパスタに入るのでいい感じです(^^)冷蔵庫にあったネギも一緒に茹でています。

 

水の量が多かったのでパスタがちょうどいい硬さになったらフライパンの蓋を使って湯切りし、残った水分は火で蒸発させていきます。そのときにシャキシャキの水菜を投入して軽く火を入れ、市販のたらこソースを絡ませれば完成!

 

パスタソースは温めなくてもいいのですが、せっかくなら熱々を食べたいのでフライパンの予熱で絡ませ温めるほうがおいしいです!

 

洗い物もフライパン、お皿、フォークとスプーンだけなので後片付けも楽ちんです♪

 

この日使ったたらこソースはキューピーのあえるパスタソース 炙りたらこソース。大人っぽい味つけになるので気に入ってます。

 

www.kewpie.co.jp

【映画レビュー】キングスマン:ゴールデン・サークル 遊び心を持った大人のアクション映画は最強!

【お知らせ】

 現在妊娠7ヶ月!約2年の妊活記録を下記にまとめています

目次

 

キングスマン:ゴールデン・サークル

f:id:good-lifeplan:20180117124323j:plain

 

前作から約2年半!続編の公開を心待ちにしていた作品のひとつが「キングスマン」!映画館で観たい作品だったので、出産前に公開されて嬉しい限り!

 

 

ネタバレしちゃうので、感想だけ

 

アクション映画は好きでたくさん観ています。「007」「ワイルド・スピード」「ミッション・イン・ポッシブル」など人気のあるものは欠かさず。スパイ映画、アクション映画を飽きるほど観ても、それでも「キングスマン」は他のどの作品とも一線を画す魅力と面白さがあります(^^)

 

衣装や小道具などもイギリスの紳士的な格式と風格を惜しみなく取り入れているし、武器やロボットの最先端技術がとにかくすごい!「伝統」と「最先端」が見事に融合している世界観がなんとも言えない!アクションシーンもただの銃撃戦、殴り合いではなく知的でおしゃれでスマートなんです(たまにやり過ぎている感もあるけど、それを面白がれればしめたもの。そこでバカ真面目なことを考えると面白みがなくなります)

 

一作目とつながっている部分があるので、一作目を観ていないという方は観に行く前に必ず観ておいた方がいいです!観た人も復習で観ておくと、より楽しめると思います。

 

すでにスピンオフ作品と3作目の計画もあるそうなので、次回作が今から楽しみです!

【読書記録】「好きなことだけで生きる」 自分を好きになるために我慢することをやめるきっかけになった本。

【お知らせ】

 現在妊娠7ヶ月!約2年の妊活記録を下記にまとめています

目次

 

たくさん本を読みたい

 

今年の目標とはまで言えないけど、目下の目標は本と映画をたくさんインプットすること。4月の里帰りまではとにかく好きなことをして駆け抜けることを意識して過ごすことにしました!決めたおかげか、朝からテレビをつけることがほぼなくなりました。この調子で習慣化するぞ!

 

 

本を読むのに図書館をよく利用しています。自宅から歩いて15分のところに図書館があり、夫の会社の最寄り駅近くにもあるので予約した本を帰りに引き取りに行ってもらったりして頻繁に利用しています。

 

最近は家からでも本の予約ができてメールで通知も来るので、とても便利ですね。また、この予約システムのおかげで順番待ちの本が「今読みたかった!」なベストタイミングで巡ってくることがあるのも面白いところ。

 

ドラ・トーザン「好きなことだけで生きる」

 

今年最初の本は「好きなことだけで生きる~フランス人の後悔しない年齢の重ね方

」。フランス人らしい、自由で芯のあるスタイルが書かれています。

 

好きなことだけで生きる~フランス人の後悔しない年齢の重ね方

 

 

ドラさんは日本でも暮らしていたり、他国でもご活躍されているので日本とフランスの比較や経験を踏まえてグローバルな視点をお持ちな方。つい日本的な「みんなと同じ」「平均的」が安心と思いがちな凝り固まった思考に刺激とゆるさをくれます。

 

一番ビックリした「我慢」の捉え方

 

フランス語では「がまん」にあたる言葉がありません。

 

わかままと言われることもありますが、わかままなのではなく「自由な生き方をしている」のです。

  

ドラさんは日本のホームステイ先で「がまんしてね」とよく言われたそうです。その度に「がまんって何?」と思い、説明されても意味がわからなかったと思われたそうで、それにびっくりしました!

 

日本人にとって我慢なんて日常茶飯事というか、暗黙の了解というか「当たり前」のもののような気がします。苦手な人や嫌いな人とでも仲良くすることが「良いこと」。食べたくなくても、美味しくなくても作ってくれた人に、食べ物がもったいないから頑張って食べることが「エラい」とか、我慢の上に成り立つ価値観ってとても多い気がします。

 

だけど、フランスでは組織のために嫌な仕事もパワハラもセクハラもがまん。親のため、子供のためにがまん。将来のために今はがまん。そんな場合はコミュニケーションで解決しようとするそうです。きちんと自分の要望を伝えることが当たり前なんですね(ヨーロッパで交通機関ストライキが多いのはこのためらしい)

 

がまんしないためには、今、自分のは何がやりたいのかを明確にしておくこと。自分の意拳を持つこと。

 

そのためにフランスでは子どものころから「自分の意見」を言えるように教育されるんですね。それは自分の意見に責任を取れるようになるためであり、自由に生きるため。フランスらしいですねー。

 

フランスの根本にある価値観は「フランスの子どもは夜泣きをしない パリ発「子育て」の秘密」を読むととても理解できました。「フランスらしさ」がどこからくるのか、よくわかったし、この本を読んでいたからドラさんの言われることもなるほぞ!と理解できました。

 

「好きなことをやる」をやってみる!

 

好きなことをすると、だんだん自分のことが好きになり、自信につながります。

 

年齢をかさねるほど、義理や世間の目を気にしなければならないことかふえます。でも自信があると「自分はこれでいい」と思えるから、強くなって気にしなくなります。

 

「自分が好きなもの」さえも案外わからなくなってたりすんですよね。3〜4年の前のわたしがまさにそうでした(笑)会社と家、仕事と家事しかやってなくて「やりたいこと」って何かわかならくて混沌とした時期を過ごしていました。振り返るとやっぱりその頃は自分の好きなことをやっていなかったし、なんとなく「やっちゃダメだ」とも思っていたかも。

 

好きなことをすると自然と上手くなります。仕事出も趣味でも、なんでもそう。がまんしてやりたくないことをやるより、好きなことをするほうがいいでしょう。

 

お金より大事なこと、人生を楽しむこと。後悔しないためにできれば毎日を楽しんで。

 

今、時間的なタイムリミットがあるから急いで取り組んでいる感もありますが「好きなこと」を積極的にやっています。今しかできないと思っているから余計に「やりたくないこと、必要じゃないこと」はスパッとやめることができたのも事実です。

 

でも、この「好きなことを積極的にやる」のは時間の優先順位をつけるいい練習になっています。やりたいこととやるべきことを限られた時間の中に入れて行く。自分のこと、家のこと、将来(仕事)のこと、子どものこと。考える時間も行動する時間も必要。やるべきことの中にどれだけ「好き」や「喜び」を見出していけるかも、とても重要なことなんだと思いました。

 

我慢に逃げない!ひとりで頑張らない!

 

この本の中で得た一番のことは「我慢」をしないように工夫してみよう!という勇気。

 

けっこうわたしは何に対しても我慢強いところがあり、言い方を変えれば「自分さえ我慢をすればうまくいくだろう」と自己犠牲を払いがちになります。人と揉めるのが嫌だというのもあります。

 

それが最近は自信のなさや自己否定につながることもあるということも知りました。裏を返せば、他人を信頼できていないとも言えるかも。苦手なことや困ったときは「手伝って」と言う勇気がない代わりに、我慢することに逃げていたようにも思えます。

 

そして、もし相手に我慢を強いるかもしれないときは相談して解決していけばいい。やっぱりドラさんが言われるようにコミュニケーションで解決できることはたくさんあるように思います。自分に正直に、相手に素直になる練習にもなりそうです(^^)

 

 

好きなことだけで生きる~フランス人の後悔しない年齢の重ね方

好きなことだけで生きる~フランス人の後悔しない年齢の重ね方

 

 

フランスの子どもは夜泣きをしない パリ発「子育て」の秘密

フランスの子どもは夜泣きをしない パリ発「子育て」の秘密